初心者でも簡単に資産形成できるFX自動売買取引 システムトレード・リピート注文の比較・検証

リピート注文とは

リピート注文とは、FXにおいて一度の注文を何度も繰り返し(リピート)て売買を自動的に行わせる注文方法のことです。この手のリピート系注文を最初に始めたのは、今では「トラリピ」の愛称で定着しているFX業者マネースクウェア・ジャパンです。マネースクウェアジャパンでは、このリピート注文を「トラップリピートイフダン」という名称で呼び、2007年からサービスを提供しています。

リピート注文のメリット

感情に流されない

自分自身で取引をするとどうしても感情が入ってしまい、自分で立てた売買ルールを無視して誤った判断をしてしまうことが少なくありません。これはFXをはじめたばかりの初心者でもプロのトレーダーでも人間であれば誰しもおこり得ることです。利益に欲張って無理な取引をしたり、損が怖くなって早めに損切りして後悔したり、裁量取引では自分の感情のコントロールが困難です。その点、リピート注文であれば、売買ルール(ポジション数や利食い幅等)を最初に設定すると、システムがそのルールに則り自動的に発注を繰り返すため、その場の感情に流されることなく安定的にトレードし続けることができます。

24時間自動取引

継続して利益を得るためには、相場を四六時中を監視して、価格の上げ下げに応じてチャンスを伺いながら自分で繰り返し注文し続けなければなりません。サラリーマンなど仕事をしている人にとって、仕事や睡眠の間をぬって自分でトレードし続けることは非常に困難です。リピート注文では、一度登録した注文が約定し決済されれば、システムが自動で新たな注文を繰り返し発注していきますので、パソコンを閉じても24時間自動的に利益を積み上げることが可能です。

相場を予想する必要がない

FXの初心者にとって相場のトレンドを読むのは大変難しく、相当な研究が必要です。また、研究したとしても自分が分析した結果が正しいのか、読みがうまく当たるのかどうかはわかりません。リピート注文は、一定間隔で複数の注文を連続登録して自動的に繰り返すものであり、相場が上下するほど利益が積み上がるしくみです。ですから、相場を予想して今が底か天井か考える必要はありません。リピート注文は相場が大きく動くほどチャンスが広がる注文方法です。

基本となるIFD(イフダン)注文

イフダン注文とは?

一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。FX取引の中では昔からある注文方法です。
たとえば、1ドル=102円でドルを買うという注文を出す場合、同時に「1ドル=104円になったらドルを売る」という注文を出すことができます。最初の注文が約定したら、その反対売買の注文が自動で発動して約定します。これが「IFD(イフダン)注文」のしくみです。二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。

トラリピはイフダン注文を複数設置し、自動的に何度も繰り返すサービス

 

 

リピート注文を同時に複数発注できるFX業者

リピート注文を複数同時に設定できるFX業者は、国内にマネースクウェアジャパンを含めて4社あります。そのサービス開始時期、特徴を一覧表にしてみました。

 

会社名 サービス名 サービス開始時期 特徴
マネースクウェアジャパン トラリピ 2007年 指定した値幅の中で新規注文と決済注文を繰り返す。
サイバーエージェントFX リピートトレール 2013年 買い注文と売り注文を交互に繰り返す。
アイネット証券 ループ・イフダン 2013年 指定された値幅の中で新規注文と決済注文を繰り返す。
ジャパンネット銀行 連続IFDOCO 2013年 IFDOCO注文を最大9個まで一度に注文できる。
ひまわり証券 ループイフダン 2014年 アイネット証券のループイフダンと同じしくみ
外為オンライン 「サイクル注文」
「iサイクル注文」
2014年 「サイクル注文」
IFD注文のリピート機能「iサイクル注文」
IFD注文+OCO注文のリピート機能

 

いずれも2013年に始まったサービスです。トラリピとは6年の歴史の差がありますが、それぞれ特色があるようです。本サイトでは、リピート注文系FX業者に着目して、そのサービスの違い、スプレッドやスワップの比較、操作方法の解説等を行っています。


公開日:
最終更新日:2017/03/05

PAGE TOP ↑