初心者でも簡単に資産形成できるFX自動売買取引 システムトレード・リピート注文の比較・検証

ループイフダンのスワップが反映されない理由

公開日: : 最終更新日:2014/09/28 ループ・イフダン

アイネット証券(ループイフダン)を利用しているとスワップポイント分が積算(減算)されていかないことに気づきます。これはどうしてなのか疑問に思った人も多いのではないでしょうか。

通常、FX業者のスワップポイントの取扱い方は大きく「決済されてから口座に反映する」、「決済されなくとも日々口座に反映されていく」の2つに分けられます。アイネット証券はこのうち、「決済されてから口座に反映する」FX業者に当たります。

公式サイトでスワップポイントの扱いが掲載されています。

Q.決済せずにスワップ益を出金する事は可能ですか?(公式回答)

A.当社では、ポジション保有時に発生するスワップポイントは、含み損益となり決済時に口座資産に反映されます。(公式サイトより)

スワップの取り扱い方はFX業者の中でも2つに分かれる

「決済されてから口座に反映する」(=ループイフダン)

ポジションを決済するまでは含み損益として扱う。評価損益を含み損益として持ち、決済するまで実現損益としては扱わないパターンです。未決済のうちはそれを現金化(出金)することができません。決済しなければ確定申告の対象にならないメリットがあります。スワップ利益による複利運用等ができません。

「決済されなくとも日々口座に反映する」(=トラリピ)

未決済でも含み損益を実現損益に振り替えていく。決済しなくとも含み損益として扱われるパターンです。スワップ利益は現金化(出金)したり新規注文の取引証拠金に充当することができます。ポジションは残っていても、年末までの確定したスワップ損益は、確定申告の対象となります。取引口座内において日々計算され、口座に反映されます。スワップ利益による複利運用ができます。

スワップ金利が支払われないということではなく、スワップの支払い方法に違いがあります。スワップポイントがプラスになる豪ドル円の買い注文をループイフダンで行っても、日々口座にスワップポイントが反映されていくわけではなく、決済時にまとめて実現損益として口座に反映されます。トラリピと違い、AUD/JPYを買ったもののレートが外れたため、放置してスワップ益メインにするといったことが難しいです。

関連記事

rupe20140706

ループイフダンのデメリット・検証結果・設定方法

ループイフダンとは、アイネット証券が提供するコツコツ利益を積み上げる自動売買プログラムの総称です。

記事を読む

FX

サイクル注文、ループイフダン、トラリピの比較表

各社比較 外為オンライン アイネット証券 マネースクウェア・ジャパン

記事を読む

FX

アイネット証券の口座開設の仕方・ログイン方法・入金方法

自動売買プログラム「ループイフダン」を提供するリピート注文系FX業者として注目されるアイネット証券で

記事を読む

PAGE TOP ↑